1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Windows 10のMicrosoft IMEの使い方

単語の登録

予測変換や変換しても表示されない語句は、Microsoft IMEのユーザー辞書に登録します。

  1. タスクバーの「A」や「あ」の部分を右クリックします。
  2. 表示されたメニューから「単語の登録」を選択。
    IMEのメニュー
  3. 「単語」欄に変換すると表示して欲しい語句を入力、「よみ」欄に変換前の文字列を入力。
  4. 「登録」ボタンを押すと、登録されます。
    単語の登録

以前のWindowsで使っていたユーザー辞書を Windows 10 へ移行する

以前の Windows で使っていたユーザー辞書をテキスト形式で書き出します。
参考:Office IME 2010 β のユーザー辞書が空っぽに!

Windows 10の Microsoft IMEの辞書形式は、従来の Windows の Microsoft IME や Office IME に比べ改良、拡張されています。 そのため、従来のユーザー辞書ファイル(拡張子が「.dic」)そのものを移行させると、ユーザー辞書の一部の項目が追加されない、もしくは、全く取り込めないということがあります。 そこで、ユーザ辞書ファイルをテキスト形式に書き出したデータで移行します。

Office IME 2007/2010 の場合

画像は、Office IME 2007で説明しますが、Office IME 2010 でも似たような感じです。

  1. 言語バーの「ツール」-「辞書ツール」をクリック
    IME 2007 での「ツール」を開いたところ
  2. Office IME の「辞書ツール」が開きますので、「ツール」-「一覧の出力」を選択。
    Office IME 2007の「辞書ツール」
  3. テキスト形式で「辞書ツール」の内容を書き出します。 適当な場所に書き出すよう指定します。 よくわからない場合は「デスクトップ」を指定するといいでしょう。
  4. 出力が済むまでしばらく待ちます。
  5. 出力が完了すると下記のような画面が表示されますので、「終了」ボタンをクリック
    MS-IMEの「辞書ツール」の一覧の出力が完了

書き出したユーザー辞書データをWindows 10へ保存し、「ユーザー辞書ツール」に登録します。

  1. タスクバーの「A」や「あ」の部分を右クリックし、表示されたメニューから「ユーザー辞書ツール」を選択。
  2. 「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」が開くので、「ツール」-「テキスト ファイルからの登録」を選択
    Windows 10の「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」
  3. 書き出した旧Windowsから書き出した「ユーザー辞書データ」を指定して「開く」をクリック。
  4. 登録が始まります。
  5. 「登録処理を終了しました」と表示されたら完了です。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。