1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Windows 10のMicrosoft IMEの使い方

読み方のわからない文字を入力

読みがわからない文字を入力したい場合は、「IME パッド」で描画して入力します。

  1. タスクバーの「A」や「あ」の部分を右クリックします。
  2. 表示されたメニューから「IME パッド」を選択
    「A」や「あ」の部分を右クリック
  3. 「IME パッド」が起動します。「ここにマウスで文字を描いてください」の部分にマウスで文字を描きます。
    「IME パッド」起動
  4. 描画すると、右側に候補が表示されます。入力したい文字が見つかったら、クリックすると入力されます。
    描画すると入力候補が表示される
  5. 旧字なども入力候補を右クリックすると表示されるメニューの「異体字の挿入」で入力可能です。
    参考:Windows 8.1で特殊な文字を入力したい
    入力候補を右クリック

Windows 8以降からフォントシステムに IVS(Ideographic Variation Sequence)を導入しています。 これにより、従来のWindowsでは、互換フォントを導入しないと表示できなかった文字、例えば、シンニョウの点が1つの「辻」なども楽に変換できるようになっています。 ただし、環境依存文字です。Windows 7以前やWindows 10でも IVSを利用できない Office 2010以前のバージョンでは、正しく表示されません。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。