1から始めるお母さんのためのパソコン教室

視覚障碍者へのIT支援方法

Windows の簡単操作

拡大鏡

拡大鏡は、画面の全体、もしくは一部を拡大表示してくれる機能です。

拡大鏡は、Win+「+」(プラス)キーを押すと起動します。 起動すると、次のような「拡大鏡」の設定変更画面が表示され、ほどなく、「虫眼鏡」に変わります。
拡大鏡の設定変更画面

拡大鏡を終了したい場合は、「拡大鏡」の設定変更画面の「×」ボタンを押すか、Win+Esc キーを押します。

拡大鏡には、次のような3つの表示モードがあります。

  • 全画面表示(Ctrl+Alt+F)
    画面全体が指定したサイズに拡大されます。
    拡大鏡の全画面表示
    「全画面プレビュー」(Ctrl+Alt+Space)を実行するとどの部分が拡大されているのかわかります。
    「全画面プレビュー」
  • レンズ(Ctrl+Alt+L)
    画面の一部が指定したサイズに拡大されます。
    拡大鏡のレンズ
  • 固定(Ctrl+Alt+D)
    固定した部分に拡大した画面が表示されます。
    拡大鏡の固定

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。