1から始めるお母さんのためのパソコン教室

視覚障碍者へのIT支援方法

マイメール

署名を設定

私の知人から届くメールの文末には、毎回同じように、その人の名前とメールアドレス、そして、ホームページアドレスといった情報が記載されています。「署名」と言うそうですが、どうやって毎回同じように入れているのでしょうか?

メール本文の文末に記載されている「署名」は毎回自分で書いているわけではありません。 「メールの署名」として登録してあるものを本文中に挿入しているだけです。

一般的には、本文と隔てる意味で何か線になるような - = * と言った記号を1行に数個記載します。その後に自分の名前とメールアドレスを書きます。また、会社などからの場合は、住所や電話番号も書かれていることがよくあることでしょう。

例えばこんな具合です。

---以下署名---
○○ ○○子
abcde@fghijk.com
http://www.abcdf.ne.jp/
--------------

なお、署名には、決まった規則はありません。個性的な署名を挿入しても構いません。しかし、あまりに長すぎると、毎回、それを音声ガイドで聞くのは嫌になりますから、ほどほどの情報量にしておいた方が無難でしょう。

マイメールで署名を作成する

  1. マイメールを起動したら、「新規メール作成」でエンターします。
    メールの署名は、「メール作成 本文」を開かないと作成・編集できません。
  2. 「メール作成 本文」が開いたら、Alt キーを押して、「操作」から矢印キーで「署名」へ移動、右矢印キーで中に入り「追加」でエンターします。
  3. 署名タイトルと音声ガイドされて「署名の追加」が開きます。 これから作成する署名にふさわしいタイトル名を入力します。
  4. 入力し終えたらエンターします。すると、「署名の編集」画面が開きます。
    ここに設定したい、自分の署名を入力します。
    1行目には、本文と隔てるためのラインになるような記号を3個以上入力するといいでしょう。
    その次の行から、名前やメールアドレスと言った、メールを受信した相手に知って欲しい情報を入力します。
    なお、マイメールには、「メールアドレスの設定」で登録した、自分の名前とメールアドレスを簡単に入力してくれるコマンドがあります。挿入したい位置に カーソルを移動したら、「編集」から「あなたの名前を挿入」や「あなたのメールアドレスを挿入」でエンターしてみてください。
    ただし、自分の住所や電話番号を入力するのは、考え物です。メールの相手がいつでも会える人ならば大丈夫でしょう。しかし、メーリングリストに投稿するとか、見ず知らずの人にメールを送信する場合、自分の住所や電話番号をむやみやたらに知らせることになります。そう言ったことは避けた方が無難です。
  5. 署名を入力し終えたら、エスケープキーを押して「署名の編集」画面を閉じます。すると、MYMAILの警告メッセージが開いて、作成した署名を保存するかどうか聞かれます。エンターすると保存されます。
  6. メール作成 本文に戻ります。

以上で、メールの署名が作成されました。署名は、複数作ることも可能です。お友達用、仕事用、見ず知らずの人用と作っておいてもいいでしょう。

署名をメール本文に挿入する

メールの本文を書き終えたら、署名を挿入します。

  1. マイメールを起動したら、「新規メール作成」でエンターします。
  2. Alt キーを押して「操作」から「署名の挿入」で右やるしキーを押します。
  3. サブメニューを開きます。署名を複数設定している場合は、上下矢印キーで挿入したい署名を選択します。
  4. 挿入したい署名のタイトルでエンターすると署名がメール作成本文に挿入されます。
    なお、マイメール2では、メール作成時のカーソル位置に関係なく必ず本文の末尾に挿入されますが、マイメール3では、署名を挿入できる位置を実行時の確認画面で『文末に挿入』『カーソル位置に挿入』のいずれかを選べるようになりました。

署名の自動挿入

メール作成 本文の画面を開いた時から既に本文中に指定した署名を挿入しておくこともできます。

  1. マイメールを起動したら、「新規メール作成」でエンターします。
  2. Alt キーを押して「操作」から「署名」を選択、右矢印キーでメニューを開きます。下矢印キーで移動すると「署名の自動挿入設定」が見つかりますので、エンターします。
  3. 署名の選択画面が開きます。上下矢印キーを押して、自動的に挿入したい「署名」を選択します。なお、現在の設定を解除したいときは、「自動挿入しない」を選択てください。
  4. 自動的に挿入したい「署名」が選択できたら、エンターキーを押すと完了です。
  5. 既に開いている「メール作成 本文」を閉じます。
  6. 以降、「メール作成 本文」を開くと、2行目以降に署名が挿入済みとなって開きます。

ご留意

  • 署名の自動挿入を設定したばかりの「メール作成 本文」には、署名の自動挿入がまだされていません。一旦、既に開いている「メール作成 本文」を閉じてから、改めて「メール作成 本文」を開いてください。
  • 複数のメールアドレスをご使用のかたは、メールアドレス毎に自動挿入する署名を設定してください。
  • 転送メールの作成時には、署名が自動挿入されません。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。