1から始めるお母さんのためのパソコン教室

視覚障碍者へのIT支援方法

PC-Talker について

PC-Talker の設定「音声ガイドの設定」について

「音声ガイドの設定」は、PC-Talker でどこを音声ガイドさせるか設定できます。
音声ガイドの設定

メニューとダイアログ
各プログラムでメニューバー内にある操作メニューの読み上げについて設定できます。それぞれチェックをつけると下記のような設定になります。なお、この設定は、高知システム開発のプログラムソフト(MyFile や MyEdit など)のみに有効です。

  • メニューの説明文をガイドする
    各操作メニューでそれぞれどんなことができるのかを音声ガイドしてくれます。
  • 項目の操作をガイドする
    各操作のAltキーと組み合わせると開くメニューのキー名を読み上げます。
  • 項目のコントロール名をガイドする
    ボタンやチェックボックスの種類を音声ガイドします。
  • 項目のショートカットキーをガイドする
    各操作メニューに設定されているショートカットキーを読み上げます。

クリップボード
クリップボードを自動的に読み上げる テキストをコピーした際に、何をクリップボードに記憶したのか読み上げます。 ショートカットキーでは、Ctrl+Alt+X キーで設定の切り替えが可能です。

キーボード

  • 入力キーの文字を読み上げる
    キーボードで入力した文字を読ませたくない時にチェックを外します。ここのチェックを外してもPC-Talkerが再起動時には、必ずチェックが入ります。
  • ナムロック キャプスロック 英数かなキーの入力を読み上げる
    ナムロック キャプスロック 英数かなキーの切り替え時に音声ガイドします。

パスワード入力

  • パスワードを読み上げる
    通常各パスワード欄は、入力しても*印や●印などになってモニター上では見えません。 本来ならば、入力時も他人に入力中の文字を聞かれない方がよいことでしょう。 しかし、ここにチェックを付けるとパスワード入力時にどんな文字を入力しているか読み上げてくれます。
  • パスワードのカーソル移動時 識別読みする
    ここにチェックを付けるとパスワード入力文字がカーソルキーで移動することによって「識別読み」で読み上げてくれます。

その他
画像を自動的にOCR認識して読み上げる

設定
設定した項目を反映したい場合は、「設定」ボタンをエンターすると設定完了します。

キャンセル
設定した項目を反映したくない場合は、キャンセルを選択してエンターします。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。