1から始めるお母さんのためのパソコン教室

小技

OneDriveを使う

Windows 10では、OneDrive デスクトップアプリが Windows のシステムとして組み込まれています。 これを使うと、MicrosoftのWeb上のクラウドストレージである OneDrive.com 内のフォルダーがWindows 10のエクスプローラーで利用することができます。
エクスプローラーでOneDriveを開いた

これによって、オンライン上のファイルが、あたかもパソコン内にあるファイルのように扱えます。

また、OneDrive デスクトップアプリが使えるパソコンでは、同じ Microsoft アカウントでOneDrive デスクトップアプリにサインインすると、OneDrive上のファイルを更新するとすべてのパソコンで同期されるようになっています。どのアカウントでサインインしているのか確認するには、次のようにします。

  1. 通知領域にある「雲」マークのアイコンを右クリック
    ※「雲」マークが見えない場合は、通知領域にある上向き矢印を押すと画像のように表示されます。
    通知領域の隠れているインジケーターを表示
  2. 表示されたメニューから「設定」を選択
    雲マークを右クリックすると表示されるメニュー
    ※「雲」マークをクリックして表示される画面の「歯車」マークを押しても可能です。
  3. Microsoft OneDriveの設定ダイアログが開きます。 「アカウント」タブでサインイン中の Microsoft アカウントが確認できます。
    Microsoft OneDriveの設定ダイアログ 「アカウント」タブ

OneDrive デスクトップアプリは、Windows 8.1以降から標準でインストールされています。 Windows 8や Windows 7でも使いたい場合は、Microsoft OneDrive のダウンロードでダウンロードファイルを使ってインストールします。 なお、Windows 8や Windows 7で、Windows Essentials 製品をインストールして使っていた場合は、Windows Live メールなどと共にセットでOneDrive デスクトップアプリも入っているので、既にインストールされていることがあります。

Windows 10では、「ドキュメント」や「ピクチャ」の保存先がパソコン内ではなく、OneDrive.com 内の「ドキュメント」と「ピクチャ」フォルダー内になっています。この変更は、Microsoft OneDriveの設定ダイアログの「自動保存」タブで行えますが、お勧めできません。
Microsoft OneDriveの設定ダイアログの「自動保存」タブ

「ドキュメント」や「ピクチャ」の保存先を「この PC のみ」に変更した場合は、データを定期的にバックアップを取る必要があります。 データをOneDrive上に保存しておけば、バックアップを定期的に取る必要がありません。 また、OneDrive上に保存しておけば、新規にパソコンを購入した際も、データを引っ越しさせる必要もありません。 同じ Microsoft アカウントでサインインすれば、OneDrive 上のデータと同期を開始し、ほどなく以前のパソコンのデータをそのまま利用することができます。

なお、「自動保存」タブの「作成したスクリーンショットを OneDrive に自動的に保存する」にチェックをつけると、キーボードの PrintScreen キーを押した際、OneDrive の「ピクチャ」-「Screenshots」フォルダーにファイル名「2017-01-26」という感じで、半角英数字の「年月日」がついた番号で自動的に保存されます。 また、OneDriveから「スクリーンショットを保存しました」という通知も表示されます。 また、Alt+PrintScreen キーで選択中のウインドウだけのキャプチャーも自動保存されます。

OneDriveを共有する

写真やファイルを友人知人に見てもらいたい、という場合は、OneDriveで「共有」作業をします。

「OneDriveを共有する」際によく聞くのが自分のMicrosoft アカウントとそのパスワードを友人知人に教えてしまうということです。Microsoft アカウントのパスワードは、誰にも教えてはいけません。 パスワードが第三者に漏れてしまった場合、大事なファイルを見られたり、盗まれたり、下手をすると、Microsoft アカウントを乗っ取られてしまう恐れがありますのでご留意ください。

OneDriveで「共有」をするには、まず、OneDrive.com へアクセスし、共有するための専用のフォルダーを作ります。その後、その専用フォルダーを選択して上部の「共有」を押します。
OneDrive.comで専用フォルダーを選択

どのように共有するのか、メッセージ画面が表示されます。
OneDrive.com 「共有」の設定画面

  • このリンクを知っていれば誰でもこのアイテムを編集できます。:ここが開いていると「編集を許可する」と「期限日の設定」が表示されます。
    「編集を許可する」:OneDriveの編集作業は、相手がMicrosoft アカウントでサインインすると、保存されているファイルの修正や削除、ファイルの追加が可能です。 フォルダー内の閲覧とダウンロードだけを許可したい場合は、「編集を許可する」のチェックを外します。
    「期限日の設定」:これは、Office 365 Solo を使っている「プレミアム」契約者が利用できる機能です。利用できる場合は、チェックをつけると、その日数の間だけ、他ユーザーに共有権限を与えることができます。
    参考:OneDrive のプレミアム機能
    「期限日の設定」が利用できる場合
  • リンクの取得:このフォルダーへアクセスできるURLが自動生成されます。 このURLを知っていれば、だれでもそのフォルダーへアクセスできます。 コピーして、友人知人に知らせます。
  • メール:メールで招待した人だけに、このフォルダへアクセスできることをお知らせできます。 「メール」を選択するとメールアドレス入力欄と簡単なメッセージが書き込める欄が表示されます。 メールアドレス欄に友人知人のメールアドレスを入力、簡単なメッセージを書き込んで「共有」ボタンを押します。

なお、「その他」を開くと、Facebook や Twitter などで共有を知らせることも可能です。また、「アクセス許可の管理」では、どんなメンバーにどんな風に共有を許可したのか確認ができます。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。