1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Windows Vista 版 Windows Media Player 11

基本的な使い方

まずは、Windows Media Player 11の基本的な使い方を紹介しましょう。

起動する

スタートボタンを押して「すべてのプラグラム」をクリックします。 すべてのプラグラム内にある「Windows Media Player」をクリックすると起動します。

初期設定

初めてWindows Media Playerを起動させた場合は、設定画面が表示されることでしょう。 「高速設定(推奨)」を選択して完了ボタンを押してください。 なお、以前からWindows Media Playerを使っていて、どこか特別な場所に音楽データを保存している場合やオンラインショッピングを既に利用している場合は、「カスタム設定」で設定してください。

再生コントロール領域

再生コントロール領域

起動画面の下部に再生コントロール領域と呼ばれる、再生や停止などのスイッチが配置されている部分があります。 そこで、選択した曲や動画などの再生や停止といった制御がおこなえます。 マウスポインタをそのスイッチの上に持っていくと、そのスイッチの説明が表示されますので、参考にしてみてください。

タスクバーについて

起動画面上部には、タスクバーとしてタブが並んでいます。 各タブは、「プレイ ビュー」「ライブラリ」「取り込み」「書き込み」「同期」そして、オンラインストアと並んでいることでしょう。

  • プレイ ビュー:動画を再生する場合は、ここを開きます。また、音楽再生中は、「視覚エフェクト」と呼ばれるイメージ動画やアルバムのジャケットを表示することができます。
  • ライブラリ:パソコンに取り込んだ音楽や動画ファイルの一覧が表示されます。各アーチストやアルバムのカテゴリごとに並んでいます。
  • 取り込み:音楽CDの曲をパソコンに取り込むときに使います。
  • 書き込み:パソコンに保存されている音楽データをオーディオCDに書き込むときに使います。
  • 同期:パソコンに保存されている音楽データを携帯オーディオプレーヤーに転送するときに使います。
  • オンラインストア:インターネットで音楽データを購入できるサイトを表示することができます。 ここで購入した音楽データは、自動的に「ライブラリ」に登録されるようになっています。

Windows Media Player 目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。