1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Wordについて

BackSpaceやDeleteキー、上下左右のカーソルキーが使えない

Word でBackSpaceやDeleteキー、上下左右のカーソルキーが全く使えなくなることがあります。Wordに割り当てられているショートカット キーが既定のものと違ったものになったからかもしれません。下記のように作業して、Wordのショートカットキーを既定の設定に戻してみてください。なお、よく似た現象で「文字列を選択後、BackSpace を押しても文字列が削除されない」と言う現象もあります。その場合は、このページの下部にある「BackSpaceキーが使えない場合」をご参照ください。

※このページでは、Word 2003 での修正方法を紹介しています。Word 2007やWord 2010の場合は、 Word で BackSpace や Delete 、上下左右のカーソルキーが使えない(Word 2007/2010)、Word 2013の場合は、Word で文字を選択してBackSpace キーを押しても消えない をご参照ください。

  1. Word 2003のメニューバーより [ツール] を開き [ユーザー設定] をクリックします。 
  2. 「ユーザー設定」が開いたら [キーボード] ボタンをクリックします。 
  3. 「キーボードのユーザー設定」が開きますので、「保存先」ボックスがショートカット キーを既定の設定に戻したいテンプレート(Normal.dot)になっているかどうか確認します。
  4. [すべて元に戻す] ボタンをクリックします。 
    ※ここで、[すべて元に戻す] ボタンが押せない場合は、現象の原因が別の理由になります。
  5. [閉じる]で閉じていきます。

これで、正常に戻らない場合は、Wordのテンプレート(Normal.dot)が壊れている可能性があります。

  1. Word を終了し、エクスプローラーで、Wordのテンプレート [Normal.dot] が保存されているフォルダーを開きます。
    Word 2003の場合、「ツール」-「オプション」の「既定のフォルダ」タブを開きます。ここの「ユーザーテンプレート」の「既定の参照」に  [Normal.dot] が保存されています。
  2. Normal.dot ファイルで右クリックし、「名前の変更」を選択。[Normal_old.dot] といった具合に変更します。
  3. エクスプローラーを閉じます。
  4. Word を起動し、 BackSpaceやDeleteキー、上下左右のカーソルキーが正しく使えるようになったかどうか確認します。
  5. Wordを終了し、エクスプローラーで、Wordのテンプレートが保存されているフォルダーを開きます。新しい [Normal.dot] があることでしょう。先ほど、名前を付け直した [Normal_old.dot] ファイルを削除します。

BackSpace キーが使えない場合

文字列を選択後、BackSpace を押しても文字列が削除されない場合は、メニューバーの「ツール」→「オプション」で「編集と日本語入力」を選択し「選択した文字列を置換入力する」にチェックを付けてみてください。

ショートカット キー:メニュー コマンドの実行に使用する F5 または Ctrl + A などのファンクション キーまたはキーの組み合わせのこと。 メニュー、コマンド、またはコントロールのフォーカスを移動するアクセス キー (Alt + F などのキーの組み合わせ) とは異なります。

テンプレート:あらかじめ構造が決められていて、スタイルやページ レイアウトなどの要素を指定するためのツールが備わっている 1 つまたは複数のファイル。 たとえば、Word テンプレートでは 1 つ 1 つの文書の体裁を、FrontPage テンプレートでは Web サイト全体の体裁を整えることができます。

参考:

Word で BackSpace キーが正常に機能しない

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。