1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Office 365 検証の館

まず最初に

法人用 Office 365 を始める

法人用 Office 365 のプランを決めたら、Office 365 を始めるためにセットアップを開始します。 下記は、 お試し版 Office 365 Business Premium での「ようこそ」画面です。 無料のお試し版で確認してから、購入し、製品版へ移行することも可能です。

作業は、次のように進みます。

必要事項を入力して、「次へ」を押します。

Office 365 Business Premium の「ようこそ」画面

「次へ」を押すと、「ユーザー ID の作成」画面になります。 法人用 Office 365 を利用する際には、専用のIDが必要です。 この画面で、その専用 ID であるメールアドレスを作成します。

「ユーザー ID の作成」画面

各項目は、次のように入力します。

  • ユーザー名
    Office 365の全体を管理する人が使うアカウント名を半角英数で入力します。
  • 会社名を入力します
    お勤めの会社名に当たる文字列を半角英数で入力しましす。入力した文字列の後ろに「.onmicrosoft.com」がついた文字列で独自のドメインが作成されます。 この「.onmicrosoft.com」の前の文字列は、後から変更できません。 後悔やみのない文字列を入力します。
    入力した文字列が使えるようであれば、パスワード入力欄に移動した際に緑色のチェックマークがつきます。使用可能な文字列です。 しかし、赤い文字で「利用できません。別の名前を入力してください。」と表示された場合は、すでに使われてしまっている文字列なので、修正する必要があります。
  • パスワードの作成
    作成しているID用のパスワードです。半角英数字で同じ文字列を2回入力します。 忘れないよう、メモ帳にでも控えて大事に保存します。

アカウントの作成に関する使用条件や設定に対しての条件をよく読んで確認します。

「アカウントの作成」を押します。すると、「ロボットではないことを証明してください」が表示されます。今すぐ出られる電話番号を入力します。

「ロボットではないことを証明してください」画面

SMSというメッセージが受けられるスマートフォンや携帯電話をお持ちの場合は、「自分にテキスト メッセージを送信(SMS 認証)」を選択しまう。一般的な固定電話しかない場合は、「自分に電話(音声通話認証)を選択します。

続いて電話番号を入力しますが、海外から電話がかかってきます。国番号が現在お住いの地域のものになっているか確認します。 日本の場合は、「(+81)」と表示されていれば大丈夫です。電話番号は、頭の「0」を抜いて入力します。 なお、入力した電話番号は、実際にいる人かどうか確認するためのものです。1回しか利用されませんので、今すぐ出られる電話番号を入力してください。 「後で」や「後日」ということはできません。速攻で認証する必要があります。

コードを送信するよう押すと、下記の画面に変わります。 入力した電話番号にSMSでのテキストメッセージが送信されてくるか、電話がかかり自動音声でのコード番号が告げられます。「認証コードを入力します」欄に、送られてきた番号を入力し、「次へ」を押します。

コード入力画面

セットアップが始まりますので、しばらく待ちます。「準備が整いました」と表示されたら完了です。

Office 365 の準備が整いました

出来上がった、ユーザーIDとそのパスワードは、これから 法人用 Office 365を使うのに、必要です。 忘れてしまわないよう、メモ帳などに書いて、大事にしまっておきましょう。

お試し版の場合は、1ヶ月間、25人まで(一部機能限定あり)無償で利用可能です。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。