1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Microsoft 365 検証の館

まず最初に

法人用 Microsoft 365 を始める

法人用 Microsoft 365 のプランを決めたら、Microsoft 365 を始めるためにセットアップを開始します。 下記は、 お試し版 Microsoft 365 Business Standardでの画面です。 無料のお試し版で確認してから、購入し、製品版へ移行することも可能です。

作業は、次のように進みます。

「アカウントをセットアップしましょう」で勤務先のメールアドレスを入力。個人事業主の場合は、プロバイダーのメールアドレスや Microsoft Web メールなどでも大丈夫です。

アカウントをセットアップしましょう

「新しいアカウントを作成する必要があるようです」と表示されたら、「アカウントのセットアップ」を押します。

新しいアカウントを作成する必要があるようです

「利用者情報の入力」で必要事項を入力します。 なお、電話番号は、今すぐとれる番号を入力します。 入力できたら、「次へ」ボタンを押します。

あたなのことについて教えてください

「あなたがロボットではないことを証明してください。」の画面になります。 先に入力した「電話番号」が利用されます。 確認コードが電話に送られてきますので、SMS で受け取るか、音声で受け取るか指定し、「確認コードを送信」ボタンを押します。

あなたがロボットではないことを証明してください。

受け取った番号を「認証コードを入力してください」欄に入力し、「確認」ボタンを押します。

受け取った番号を入力

「仕事用 ID の作成」画面になります。法人用 Microsoft 365 を利用する際には、専用のIDが必要です。 この画面で、その専用 ID であるメールアドレスのドメイン(@マークの右側)を作成します。「.onmicrosoft.com」の前の部分に好きな文字列を入力します。 この「.onmicrosoft.com」の前の文字列は、後から変更できません。 自分の組織にふさわしい文字列を入力します。
入力した文字列が使えるかどうか「利用可能かどうかを確認」ボタンを押して確認します。「・・・・は使用できます」と表示されたら、「次へ」ボタンを押します。

「仕事用 ID の作成」画面

ユーザーID とそのパスワードを作成します。 法人用 Microsoft 365 を利用する際には、専用のIDが必要です。 この画面で、その専用 ID であるメールアドレスを作成します。 同時に、管理者用のIDになります。

ユーザーID作成

  • 名前
    Microsoft 365の全体を管理する人が使うアカウント名を半角英数で入力します。
  • パスワードの作成
    作成しているID用のパスワードです。半角英数字で同じ文字列を2回入力します。 忘れないよう、メモ帳にでも控えて大事に保存します。

アカウントの作成に関する使用条件や設定に対しての条件をよく読んで確認します。 Microsoft からお知らせを受け取る場合は、その方法にチェックをつけます。 よく確認後、「サインアップ」ボタンを押します。

アカウントを作成しますので、しばらく待ちます。

セットアップが完了すると「すべての設定が完了しました」画面になります。

セットアップ完了画面

「アカウントをセットアップしましょう」で入力したメールアドレスと出来上がったユーザーIDとそのパスワードは、これから 法人用 Microsoft 365を使うのに必要です。 画面にも「この情報を保存してください。後で必要になります。」とあるように忘れてしまわないよう、メモ帳などに書いて、大事にしまっておきましょう。

お試し版の場合は、30日間、25人まで(一部機能限定あり)無償で利用可能です。 お試し版の利用期限が切れる5日ぐらい前に、「アカウントをセットアップしましょう」で入力したメールアドレス宛に「Microsoft サブスクリプションの更新」というメールが届きます。 このまま、使い続けたい場合は、メール内の「サブスクリプションの更新」を使って定期請求を有効にします。 サブスクリプションの更新をしなかった場合は、利用期限までしか使えません。 更新し忘れても、90日間は、セットアップした管理者のユーザーIDでサインイン可能です。 Microsoft 365 管理センターにサインインして、「課金情報」からサービスを購入してみてください。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。