1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Microsoft 365 検証の館

Office 製品について

一般家庭用と法人用 Office 製品の違い

パソコンでWordやExcel、PowerPointといったアプリを使うには、あらかじめインストールしておく必要があります。 これらのアプリをインストールする場合、単体でそれぞれをインストールするのではなく、1つにまとまっているMicrosoft Office製品でインストールします。 Microsoft Office 製品には、含まれているアプリに応じて「エディション」と呼ばれる種類がいろいろあります。 また、一般家庭で使うのか、企業や教育機関といった法人で使うのかという区別もあります。

一般家庭で使う Microsoft Office Premium 搭載機や Microsoft 365 Personal の購入は、一般的な家電量販店で可能です。 そして、Microsoft アカウントを使い、インターネットを介してインストールファイルをダウンロードしインストールします。 ただ、Microsoft アカウントは、個人が Microsoft のサービスを使うためのものです。 このアカウントで企業が Microsoft のサービスを使うには、いろいろ不都合が発生します。

例えば、Office Premium +Microsoft 365サービスがプレインストールされているパソコンをMicrosoft アカウントを使ってセットアップします。 Microsoft アカウントは個人のものです。その方が、部署変更や退職した際、そのMicrosoft アカウントもその人が持って行ってしまいます。 新しい人がそのパソコンを使うため、Office 製品をインストールしようとしてもできません。 以前使っていた人の Microsoft アカウントがなければ、再インストールできません。

また、会社用の Microsoft アカウントを作成してしまうこともあると聞きます。 その Microsoft アカウントは、Office をインストールするだけに利用。 その後は、使わずに社内で管理するとのこと。しかし、1年後、パソコンの担当者が変わったので、パソコンをリセット。 Office を再インストールしようとして、できないことに気がつきます。 それは、Microsoft アカウントが1年間利用せずにいると、無効になってしまうからです。

このほか、同じ Microsoft アカウントで複数台のOffice Premium 搭載機をセットアップしようとして、3台目(環境によっては2台目)以降からエラーになるという話もよく聞きます。 Microsoft としては、1つの Microsoft アカウントに1つの Office Premium をセットアップするよう推奨しています。 1つの Microsoft アカウントに複数台の Office Premium をセットアップするのは想定外のため、エラーが発生しやすくなります。

法人が一般家庭用のOffice製品を使っての不都合は、こんな感じで気がつきます。

仕事で使うのに、なぜ、こんなに使いにくくできているのですか?

この質問は、よく来ます。「一般家庭用は、法人が使うのに適していないから」としか言えません。

法人用パソコンを購入し専用のサイトで法人用 Microsoft 365 を契約するか、法人用 Office 製品搭載機を購入します。

法人用であれば、Office のプロダクトキーが Microsoft アカウントと紐づかないので、プロダクトキーを保持していれば、ユーザーが変更になっても利用可能です。 法人用 Office 製品のインストール方法は、法人用プレインストール版 Office を参照ください。

参考:Office 2016 搭載 PC (個人向け) (法人向け) の違いについて - 楽しもう Office

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。