1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Office 365 検証の館

Office 製品について

自宅のパソコンで法人用Office製品を使う

Office 365の管理者から許可を得たのであれば、法人用の Office 製品も家庭用にセットアップしたパソコンへインストールできます。 例えば、自宅では、Office Home & Business Premium を使っていて、Access や Publisher がない場合、家庭でもインストールして利用できるようになると便利でしょう。 ただし、Access だけとか、Publisher だけとか、一部の製品だけをインストールすることはできません。インストールする際には、すべての製品がインストールされます。

インストール方法は、法人用 Office 製品のインストールで説明した通りです。 自宅のパソコンからOffice 365 サインインページ へアクセスして作業します。

インストールが完了してから、Office 製品を起動し「ファイル」-「アカウント」を開きます。「ユーザー情報」の部分には、ユーザー名と共に Microsoft アカウントが表示されます。右側の 「製品情報」が、Microsoft Office 365 ProPlus になったことでしょう。 そして、「所属先」として、インストールする際に使った法人用アカウントが表示されます。

すでに、Office がインストール済みだった場合は、上部にある「追加ライセンス情報を表示する」を押してみてください。

個人用PCに法人用 Office 365 をインストール

「製品情報」にもともとインストール済みだった家庭用のエディション(下記画像の場合は、Office Home & Business Premium)も表示されます。

「製品情報」に Office Home & Business Premium も表示

そして、コントロールパネルの「プログラムと機能」で確認すると、もともとあったエディション(Microsoft Office Home & Business Premium)と新しくインストールした法人用の「Microsoft Office 365 ProPlus」の両方が表示されることでしょう。

コントロールパネルの「プログラムと機能」

Windows 10 の場合は、「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」でも確認できます。

「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」

これで、会社を辞めて、「Microsoft Office 365 ProPlus」を利用できなくなったら、「Microsoft Office 365 ProPlus」の方だけをアンインストールします。

参考:アプリのアンインストール方法

 「Microsoft Office Home & Business Premium」は、残っていますので、「Microsoft Office Home & Business Premium」が利用可能になります。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。