1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Office 365 検証の館

Office 製品について

法人用プレインストール版 Office

Windows 10 Ver.1709 以降から、Office Premium だけでなく、Office 2016 や Office 2019 製品がプレインストールされているタイプが発売されるようになりました。

家電量販店などで Windows 10 Home に Office Home and Business 2016/2019 や Office Personal 2016/2019 がプレインストールされているタイプも見つかります。しかし、Windows 10 Home を企業で利用するのはお勧めできません。法人用 の Windows 10 Pro もしくは、Windows 10 Enterprise に法人向け Office 2016/2019 がプレインストールされているタイプを購入しましょう。

特に、法人向けプレインストール版 Office 2016/2019 の場合は、インストールする際に、Microsoft アカウントを準備する必要がなくなりました。 パソコンに付属している Office 製品のプロダクトキーが記載されたカードだけで、ライセンス認証が完了します。

インターネットの環境がある場合は、ネットを介してライセンス認証が行われるので簡単に作業できます。 しかし、インターネットのない環境でも大丈夫です。 最後に「ライセンス認証ウィザード」が表示されますので、セットアップ後30日以内に一時的にインターネットに接続してライセンス認証をするか、電話でのライセンス認証をします。

参考:インストール - プレインストール版 (PIPC) 製品インストール - Microsoft Office

セットアップ完了後は、そのパソコンのみで、パソコンが壊れるまで永続的に使えます。

ただし、プレインストール版 Office 2016 や Office 2019 は、買い切り製品です。そのパソコンが壊れても他のパソコンに移行できません。そして、個人用の Office Premium や法人用 Office 365 のような「サブスクリプション製品」ではありませんので、Office 更新プログラムをインストールしても新機能が追加されません。買った時のままの機能しか使えません。

例えば、Office 2016 の場合は、Office 2019 が発売されても、Office 2019 になりませんし、アップグレードもできません。 将来、Office 2019 にしたい場合は、その時に買い直しになります。また、一般的なデスクトップ版ではなく、Windows 10 用のストアアプリ版でインストールされます。

なお、不具合が発生した、ストアアプリ版からデスクトップ版に切り替えたいなどでプレインストール版 Office 2016/2019 をアンインストールし、その後、再インストールしたい場合は、インターネットの環境が必要です。

デスクトップ版で再インストールする際は、Microsoft アカウントが必要になりますが、個人用の Office 製品と違い、法人用は、プロダクトキーと Microsoft アカウントが紐づけられません。よって、利用者が変わっても、再インストールする際、違う Microsoft アカウントでセットアップすることができます。

FAQ - プレインストール版 (PIPC) 製品インストール - Microsoft Office

ビジネス利用のお客様 - Office ライセンスのご案内 Office の買い方・選び方

Office 2016 搭載 PC (個人向け) (法人向け) の違いについて - 楽しもう Office

再インストール - プレインストール版 (PIPC) 製品インストール - Microsoft Office

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。