1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Microsoft 365 検証の館

Microsoft Teams

メンバーを追加

Microsoft Teams で「チーム」の準備ができたら、メンバーを追加してみましょう。 「ユーザーを追加」ボタンを押します。「メンバーを追加」画面が表示されます。 入力欄に、同じ社内の追加したい人の名前やメールアドレスなどを入力して探します。 見つかったら選択すると有効化されますので、「追加」ボタンを押します。

なお、メンバーは、一人ずつ追加するだけでなく、複数の人たちを一度に追加することも可能です。

また、メンバーか所有者とすることも可能です。「メンバー」の下向き三角ボタンを押して「所有者」に切り替えます。

ゲストを追加

社外の人をチームに参加させることもできます。組織外の人は、「ゲスト」として参加できます。ただしIT管理者に、Teams の設定を社外の人でも参加できるよう設定を変更してもらう必要があります。 この設定は、法人用 Microsoft 365 アカウントを持っている場合と持っていない場合で設定変更箇所が違います。

法人用 Microsoft 365 アカウントを持っている

法人用 Microsoft 365 の別ドメインアカウントを持っているは、「外部アクセス」と言います。 外部アクセスの場合、Teams の設定は、既定で有効になっています。 この確認は、管理者アカウントでのみ「Microsoft Teams 管理センター」の「組織全体の設定」-「外部アクセス」で可能です。 「ユーザーは他の Skype for Business と Teams ユーザーと通信できます」が「オン」になっていることを確認します。

「Microsoft Teams 管理センター」の「組織全体の設定」-「外部アクセス」

法人用 Microsoft 365 アカウントを持っていない

法人用 Microsoft 365 のアカウントを持っていないユーザーは、「ゲスト アクセス」と言います。 Microsoft アカウントしかもっていないユーザーをチームに加えたい場合、「ゲスト アクセス」ができるように設定を変更します。 ゲスト アクセスの場合、Teams の設定は既定で無効になっています。IT管理者に依頼して、有効にしてもらう必要があります。 管理アカウントで「Microsoft Teams 管理センター」の「組織全体の設定」-「ゲスト アクセス」の「Teams へのゲスト アクセスを許可する」をオンにします。 表示された各項目を確認し、必要に応じて「オフ」に切り替え「保存」ボタンを押します。

ただし、この設定は、変更が反映されるまでに2時間から24時間かかります。 今すぐ、チームに加えたいということはできませんのでご留意ください。

で「Microsoft Teams 管理センター」の「組織全体の設定」-「ゲスト アクセス」

「メンバーを追加」画面を「閉じる」ボタンで閉じたら、完了です。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。