1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Office 365 検証の館

Microsoft Teams

会議を開催する

Microsoft Teams を利用して、会議を開催することも可能です。 「会議」に切り替えて、「会議の予約」をしてみましょう。

Microsoft Teams の「会議」

「会議の予約」ボタンを押すと「新しい会議」の作成画面が表示されます。

「新しい会議」の作成画面

「タイトル」欄に会議名を入力。開始日時、終了日時を設定。「詳細」欄には、開催する会議の説明を入力。「ユーザーを招待」欄には、会議に参加して欲しい人を入力。

入力できたら、「会議の予約」ボタンを押せば、完了です。

会議に参加するよう選ばれたメンバーには、メールで招待状が届きます。 メール本文には、「Join Microsoft Teams Meeting」と記載されたリンクがあります。 そこを押すことで、ブラウザが起動し、会議に参加することができます。

また、「チーム」から会議を開催したい場合は、下部にある「会議を開催」ボタンを押すことで、すぐに会議を開催することも可能です。

なお、組織外部のユーザーを会議に参加させたい場合、IT管理者が「Microsoft Teams & Skype For Business 管理センター」の「組織全体の設定」-「ゲスト アクセス」で「Microsoft Teams へのゲスト アクセスを許可する」を「オン」にする必要があります。

参考:Microsoft Teams 会議と通話 - Office サポート

Microsoft Teams でのゲスト アクセス | Microsoft Docs

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。