1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Office 365 検証の館

小技

大型アップグレードの更新をしばらく延期する

Windows 10 では、Windows Update を通じて定期的に更新プログラムが配信されてきます。 この更新プログラムには、次の2種類があります。

  • 機能更新プログラム
    年に2回(予定では3月ごろと9月ごろ)に配信される「次期大型アップグレード」と呼ばれる更新プログラム
  • 品質更新プログラム
    毎月配信される更新プログラム

Windows 10 を使い続けるためには、Windows Update を介して配信される、これらの更新プログラムをインストールしなければなりません。ただし、Windows 10 Pro と Windows 10 Enterprise、Windows 10 Education、そして Windows 10 Pro in Smode は、期限を設定して延期させることが可能です。

Windows 10 Ver.1803 で Ver.1809 への更新を延期したい場合の設定変更は、次のようにします。

  1. 「設定」-「更新とセキュリティ」で「Windows Update」にある「詳細オプション」を開きます。
    「Windows Update」の「詳細オプション」
  2. 「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」で「半期チャンネル(対象指定)」から「半期チャンネル」に変更します。
  3. 「機能更新プログラムには、新しい機能と強化内容が含まれています。延期可能な日数は次の通りです。」の部分で日数を指定します。
    「半期チャンネル」に変更し延期する日数を指定
    ※延期できる最大日数は、365日です。 しかし、Windows 10 Ver.1803 のサポートは、2019年11月12日に終了します。このサポートが切れる前には、次のバージョンに更新しておきましょう。

なお、Windows 10 Home では、「設定」-「更新とセキュリティ」で「Windows Update」にある「詳細オプション」を開いても、「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」がありません。 Windows 10 Home は、Windows 10 Pro のように、更新プログラムのインストールを延期することができません。

Windows 10 Home の「Windows Update」の「詳細オプション」

参考:

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。