1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Windows 10のMicrosoft IMEの使い方

環境依存文字が表示できない場合

Windows 10 を使っています。 日本語入力して漢字に変換した際、文字の形が違っていることがあります。 例えば、「辻」の「シンニョウ」を点が1つのにしたい、「榊」を「キヘン」の神にしたい、という具合です。 Windows XP の頃には、問題なくできました。 Windows 10 では、どうすればいいのでしょう?

Windows XP までは、標準のフォントとして JIS90 が採用されていました。 ところが、Windows 7 と Windows Vista などでは、JIS2004 が採用されるようになりました。 このため、Windows 7や Vista では、一部の文字が XP の頃と形が違うという現象が起こりました。 この問題を解決するために、Windows 7 と Windows Vista では、「JIS90 互換フォントパッケージ」が用意されました。 「JIS90 互換フォントパッケージ」をインストールすれば、XP の時に使えた文字の形になります。 しかし、その代わり JIS2004 が利用できなくなります。 そこで、JIS90 に対応しているフォントと JIS90 非対応のフォントで使い分けるという手を使いました。

さて、Windows 8 以降になりまして、この「JIS90 互換フォントパッケージ」は未対応になりました。 その代わり、IVS(Ideographic Variation Sequence)といわれる環境依存文字に対応しています。 IVSは、標準でインストールされており、文字の形も変換候補から好きな方を選択できるようになりました。

変換候補から環境依存文字を選択

しかし、初期設定では、IVS が使えないようになっています。 変換候補に欲しい「環境依存」の文字が表示されない場合、Windows 10 では次のようにすると、IVSの環境依存文字が表示できるようになります。

  1. 通知領域の「A」や「あ」を右クリックする
  2. 表示されたメニューから「プロパティ」を選択
  3. 「Microsoft IME の設定」の「詳細設定」ボタンを押す
  4. 「Microsoft IME の詳細設定」の「変換」タブを開く
  5. 「変換」内にある「詳細設定」ボタンを押す。
    「Microsoft IME の詳細設定」の「変換」タブ
  6. 「変換文字制限」を「変換文字制限をしない」に変更
    変換
  7. 「OK」ボタンを押して、開いたダイアログ画面を閉じる

以上で表示されなかった環境依存文字が変換候補に表示されるようになります。 なお、環境依存文字ですので、他のパソコンでは正しく表示されない場合があります。

また、Windows 10 にインストールされていても、Office 2010 は、IVSに対応していません。 Word 2010 や Excel 2010、PowerPoint 2010 などでは、変換候補にISVの「環境依存文字」が表示できても、アプリには違う形の文字になって表記されます。 この場合は、IVSに対応している Office 2013 以上に買い替える必要があります。

参考:

Windows 7 にしたら XP の頃と字の形が違う!

Windows 8 RP でシンニョウの点が1つの「辻」を変換候補に表示する方法

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。