1から始めるお母さんのためのパソコン教室

Windows 10のMicrosoft IMEの使い方

プライベートモードについて

Windows 10 の Microsoft IME には、「プライベートモード」があります。

Microsoft IME の「プライベートモード」

「プライベートモード」を使うと日本語入力の履歴を簡単に削除できます。

例えば、よそ様のPCを借りて文字入力する際に、「プライベートモード」をオンにします。 「プライベートモード」のオン/オフは、日本語入力ができる状態の時に、Ctrl+Shift+F10 キーを押します。 「プライベートモード」がオンになると、通知領域の入力チップ「あ」のところに「鍵」マークが付きます。

プライベートモードがオンの状態

よく、「プライベートモードをオンにすると、予測変換が表示されなくなる」と解説しているページがありますが、そういう機能ではありません。

「プライベートモード」をオンにして、日本語入力を開始します。 入力した履歴は保持され、数回入力すると予測変換候補にも表示されるようになります。

プライベートモード オン、入力履歴が保持されている

終わったら「プライベートモード」をオフに切り替えます。 すると、「プライベートモード」がオンの間に蓄積された入力履歴は、すべて削除されます。

プライベートモード オフ、オンの際に保持された入力履歴はない

これで、自分の入力履歴を知られずに済みます。

なお、IME の「プライベートモード」は、IME でオンにできるだけでなく、Microsoft Edge や Internet Explorer で「InPrivate ブラウズ」にしても自動的に切り替わります。(Firefox や Google Chrome では、できません)

Edge が「InPrivate ブラウズ」

「InPrivate ブラウズ」で日本語入力を開始すれば、ブラウザーを閉じた際に入力履歴が削除されます。

さて、プレゼンテーション時に、人前で日本語入力して、予測候補から過去の入力履歴を見られたくない場合は、過去の入力履歴を消去するか、予測候補を非表示にします。

入力履歴の消去は、「Microsoft IME の設定」で「入力履歴の消去」ボタンを押すと可能です。

Microsoft IME の設定

予測候補を表示させたくない場合は、「Microsoft IME の詳細設定」-「予測入力」タブで「予測入力を使用する」のチェックを外し、「OK」ボタンを押します。

「Microsoft IME の詳細設定」-「予測入力」タブ

もしくは、「予測入力を使用する」にして、「予測候補を表示する前の文字数」を少し大きめな数値に設定しておいてもいいでしょう。

予測候補が表示されない

参考:Windows 10 Preview ビルド 14328 でお試しいただける日本語 IME の変更点について – Windows & Devices 開発統括部 の「入力履歴の管理」より

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。