1から始めるお母さんのためのパソコン教室

「設定」について

表示言語の変更

Windows 10 日本語版では、どのエディションでも、他国の言語を追加することができます。 他国の言語を追加すると、画面に表示される言語がその国のものになります。

なお、海外製のWindows 10の場合、日本にはない Windows 10 Home Single Language というエディションがあります。 Single Language は、「単一言語」という意味で、これから紹介する他国の言語を追加することができません。
Windows 10 Home Single Language
Windows 10:日本語版を別の言語表記にする より

言語を追加する

Windows 10で言語を追加したい場合は、「設定」の「時刻と言語」を使い、次のように作業します。
「設定」の「時刻と言語」

  1. 「時刻と言語」で左側の「地域と言語」を選択し、「言語」内の「言語を追加する」を押します。
  2. 「インストールする言語を選択してください」内から追加したい国を選択します。
    ※国別に細かく分かれています。追加する言語が見つけられない場合は、「検索ボックス」に国名を入力して検索してみるといいでしょう。
  3. 「言語機能のインストール」確認画面が表示されます。この言語では、一緒に「音声認識」と「手書き入力」もインストールされることを確認。「インストール」ボタンを押します。
  4. 「地域と言語」に戻ります。「言語」に追加した国の言語が表示され、ダウンロードとインストールの作業が始まります。
    通知にも「Windows にいくつかの機能が追加されます」と表示されています。
  5. 「Windowsの表示言語」が、追加インストールした言語のものになりました。「次回のサインイン以降に表示言語となります」と表示されています。

2018年春に公開された Ver.1803 からは、言語の追加方法が変わりました。 「Microsoft Store」アプリで「ローカル エクスペリエンス パック」と検索し、一覧から追加したい言語を選択して、「入手」ボタンを押します。 これだけで、追加言語が入手できるようになりました。 また、以降、言語のアップグレードも Windows Update からではなく、「Microsoft Store」アプリを介して行われます。

参考:Windows 10 Ver.1803:ローカル エクスペリエンス パック

表示言語を変更する

追加した言語に変更したい場合は、次のように作業します。

  1. 「設定」の「時刻と言語」-「地域と言語」で「Windowsの表示言語」を表示させたい言語で選択。
  2. 「次回のサインイン以降に表示言語となります」と表示されます。 開いているウィンドウをすべて閉じます。
  3. スタートメニューを開き、自分のアカウント名を押して、開いたメニューから「サインアウト」を押して、いったんサインアウトします。
  4. 再度、サインインすると表示言語が、指定した国のものになります。

その他参考ページ

「サインイン画面」が別言語になっている場合、日本語化した英語版Windows 10のサインイン画面を日本語表記したい を参考にしてみてください。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。