1から始めるお母さんのためのパソコン教室

小技

ウイルス対策ソフト

Windows 10には、ウイルス対策ソフトが標準でインストールされています。 Windows 10に搭載されているウイルス対策ソフトは、Windows Defender セキュリティセンターと言います。
Windows Defender

Windows Defender セキュリティセンターは、Windows 7の Windows Defender とは違い、Microsoft Security Essentialsと似たような機能を持っていますので、追加でウイルス対策ソフトをインストールする必要はありません。

ウイルス対策ソフトは、複数インストールされていると、不都合を起こします。 Windows Defender セキュリティセンター以外のウイルス対策ソフトをインストールする場合は、Windows Defende セキュリティセンターを無効にする必要があります。

また、金融機関をネットから利用する際に、セキュリティソフトのインストールを促される場合がよくあります。 「金融機関が勧めているのだから」とインストールされる方が多いのですが、Windows 10 のアップグレードに対応できず、不具合が発生発生することが多いです。 Windows 10 では、金融機関が勧めるセキュリティソフトをインストールすると不具合が発生しやすくなりますのでご留意ください。

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。