1から始めるお母さんのためのパソコン教室

小技

Cortana を使う

Windows 10 には、パーソナルアシスタントの Cortana が利用できます。Cortana は、パソコンを使っていて、わからないことがあった場合、作業を支援してくれますし、マイクを使って会話を楽しむこともできます。

まずは、Windows 10 をセットアップする際にも Cortana が音声で手伝ってくれるようになっています。マイクが利用できれば、「はい」や「いいえ」と答えるとセットアップ可能です。

セットアップを手伝う Cortana

参考:パソコンをセットアップする

さて、Windows 10 のセットアップが完了すると、Cortana は、タスクバーのスタートボタンの右隣りの検索ボックスにいます。

検索ボックス

検索ボックスをクリックなどして開くと、Cortana が起動します。

Cortana 起動

検索ボックスにキーワードとなる文字列を入力すると、検索してくれます。検索対象が広い場合は、「アプリ」「ドキュメント」「Web」と検索対象を絞ることができます。違う検索カテゴリにしたい場合は、検索結果の上部に「フィルター」が表示されますので、そこから選択することも可能です。また、マイクが利用できるパソコンであれば、「マイク」ボタンを押して話しかけると、対応した検索結果や会話をすることができます。

「ノートブック」に切り替えると、「オーガナイザー」でリマインダーを作成することができます。

「ノートブック」でリマインダー作成

リマインダーとは、その時間や場所などで何かをしないといけない場合、それを思いださせてくれるよう通知で教えてくれる機能です。 時間が来たら電話するといった1回だけのこと、毎日の薬を飲む時間、記念日を毎年といった通知も登録可能です。

リマインダー登録画面

「歯車」ボタンを押すと「設定」-「Cortana」が起動します。Cortana に関する設定が確認、変更できます。

「設定」-「Cortana」の画面

Cortanaにどんなことを話しかけるといいのかは、Cortanaの起動画面にある「すべてのヒントを表示」で確認できます。

参考:Cortana の新機能 - Windows Help

目次

ご注意

当サイトで紹介した手順を行う際は、各自の責任において作業してください。